DSC00838_2_740×200.jpg

*

第100回記念二科展 開催
ー 二科会デザイン部 報告 ー

 連綿と日本の美術を牽引してきた二科展が、第100回という記念すべき展覧会を9月2日から9月14日まで国立新美術館で開催いたしました。
 9月2日の午前10時からのオープニングセレモニー、テープカットが公益社団法人二科会田中 良理事長、デザイン部今村昭秀理事長、彫刻部、写真部の代表と国立新美術館館長、NHK厚生文化事業団理事長により幕を切って華々しく始まりました。
 連綿と日本の美術を牽引してきた二科展が、第100回という記念すべき展覧会を9月2日から9月14日まで、国立新美術館で開催いたしました。
DSC00821_01_800_500.jpgDSC00821_01_800_500.jpg ▲第100回記念二科展デザイン部 会場風景
 9月2日の午前10時からのオープニングセレモニー、テープカットが公益社団法人二科会田中 良理事長、デザイン部今村昭秀理事長、彫刻部、写真部の代表と国立新美術館館長、NHK厚生文化事業団理事長により幕を切って華々しく始まりました。
 今年のデザイン部への総応募数は1313点で、名前、県名も伏せた厳正なる審査の結果、A部門(自由・ポスター部門)は103点の入選作が選ばれ、B部門(イラストレーション)は102点、C部門(農林水産業と観光との連携をテーマとしたポスター)には65点、D部門(マルチグラフィック)には67点の入選作品が選ばれました。会員作品が106点・会員100周年ポスターが42点と会友作品が68点とで合わせて553点の作品が会場に展示されました。
 今年は第100回記念二科展デザイン部大賞が設けられA部門の中島亜弥さん(佐賀)の作品が選ばれました。
 二科デザイン・ポスター大賞には東京の所正泰さんの作品が選ばれました。
 B部門の二科デザイン・イラスト大賞には鳥取の眞先貴子さんの作品が選ばれ、特選賞には東京の梅村 誠さんの細密な断片が集積してひとつの大きな犀を表現した独特な技法の作品が選ばれました。
 D部門の二科マルチグラフィック大賞には、千葉の飯野宏高さんの作品が選ばれ、特選賞には、タイのSUPOT SINGSAIさんの作品が選ばれました。今回は日本国内だけではなく、外国からの応募も目立ちました。
 今年のC部門は「農林水産業と観光との連携」をテーマとしたポスターを募集し、広島の樽谷香菜子さんの作品が農林水産大臣賞を受賞しました。棚田の写真を配したポスターデザイン。日本の地形風土に適した耕作風景が、日本の原風景を醸し出し、観る人達に美しさをも感じさせる棚田を表現したポスターデザインでした。観光庁長官賞の広島の竹田桂子さんのグリーンツーリズムのポスター。安定した技量を持ったグラフィックデザイナーの巧みなポスター作品でした。
IMG_4199_01_800_500.jpgIMG_4199_01_800_500.jpg ▲第100回記念二科展デザイン部 会場風景
 また、今回は第100回記念ということで、新しく二つの試みが行われました。
 100回記念ロゴを配した、100回記念ポスターをデザイン部会員の有志により制作され、B1サイズの作品を絵画部の中の特設ブースに展示し、小型のポスターをデザイン部の会場に展示しました。
 もうひとつの試みは4部を越えた作品を展示するというコラボ展示を行いました。絵画部、彫刻部、デザイン部、写真部の方々によるネコ百態。ネコの写真作品、ネコのイラスト作品、ネコの彫刻作品等を展示するネコだらけのスペースを設けました。

 第100回記念二科展は、国立新美術館での入場者が10万人を越える盛況でした。
 六本木での本展の終了後、新潟展、東海展、大阪展、京都展、広島展、鹿児島展、熊本展、福岡展と全国巡回展をおこないます。


*第100回記念展の受賞作品がご覧になれます→ ■第100回記念二科展デザイン部 受賞作品■

[2015 No.65 DESIGN REPORTより抜粋]   ▲ Page Top

*

伝統ある歴史の誇りを これからも継承したい

第100回記念二科展デザイン部授賞式

 第100 回記念二科展デザイン部授賞式が9月5日(土)正午を待って国立新美術館3階の講堂で開催された。司会は新らしく加藤之敏会員。
 今村昭秀理事長の挨拶(内容別掲)の後、御来賓18名の紹介が一人づつ行なわれ会場からは歓迎の暖かい拍手が送られた。そして来賓を代表し、田中 良公益社団法人二科会理事長様から式典へ向けてご祝辞を頂いた。
 表彰の初めは、この日集った、入選者、準入選者。向後武男会員から全員の名前が読み上げられ、それぞれの総代表者に今村理事長より賞状が手渡された。続いて特別テーマの部に移り「農林水産業と観光との連携」をテーマとしたポスターの奨励賞と特選賞の賞状が同理事長より授与された。
 特別テーマ部門はテーマが幅広く要約すると(1)日本の食と観光(2)グリーンツーリズム(3)デイスカバー農山漁村(むら)の宝(4)感動に会える国日本と四つに分かれており制作者はそのなかの一つを選択して制作する課題であった。その一つ、観光庁長官賞の受賞者に、現観光庁長官、久保成人様代理、観光庁観光地域振興部長吉田雅彦様より賞状が手渡されご祝詞では端緒に着いたこの事業を農水省との連携で真剣に取り組んでゆきたい。と云う主旨を述べられた。続いての課題、農林水産大臣賞は現農林水産大臣林 芳正様代理、農林水産省農村振興局農村政策部部長三浦正充様から授与されまたそのご祝辞の中で、此のテーマ(4)の作品に触れ難しいアプローチの中、日本の源風景の棚田をモチーフにして「感動に出会える国、日本」が簡潔に表現されていて素晴らしい作品だと思う、と云う旨の感想を頂いた。
 次の自由テーマ・ポスターの部での奨励賞、特選賞、二科デザインポスター大賞と今回に限りの100 回記念二科展デザイン部大賞は田野 勝副理事長から授与され、イラスト部門の奨励賞、特選賞、イラスト大賞、マルチグラフィック部門の奨励賞、特選賞、マルチグラフィック大賞は縄田健次副理事長から手渡された。
 次いで会員会友部門では会友賞の授与に次いで会友推挙者9名が会員推挙者7名が新たに加わり今後のデザイン部の活動に新らしい力を添えることになった。そして栄光の会員賞と会員努力賞が今村理事長より手渡された。最後を飾り、堀川佳英業務理事の制作した受賞全作品収録のスライドが華やかに上映されて式典第一部が終了した。

 式典の第二部は懇親会である。吉田隆至業務理事の司会で開幕、田野 勝副理事長の挨拶と乾杯の音頭で始まり会場は一転して賑やかに、美味しい料理と飲物で和やかで楽しい会話が会場を満たした。地区毎の仲間同志の写真撮影やら名刺の交換、さまざまな応答や会話が交差して時間が流れる中、縄田健次副理事長の来年に向けた激励の言葉と中締めをして名残惜しくも閉会となった。

授賞式 ご来賓の紹介   (敬称略・順不同)

農林水産省
 農村振興局農村政策部 部長:三浦 正充
  都市農村交流課 課長補佐:志田麻由子
    都市農村交流課 係長:古賀 広喜

観光庁
     観光地域振興 部長:吉田 雅彦
  観光地域振興部観光地域振興課
  地域競争力強化支援 室長:伊藤 嘉規
  観光地域振興課 企画係長:村岡 正之

学校法人原宿学園東京デザイン専門学校
  理 事 長:唐木 孝視
  常 務 理 事:田波 哲二

日本デザイン専門学校
 キャリアサポートセンター長:小島 啓吾

公益社団法人 二科会 絵画部
  理 事 長:田中  良
  常 務 理 事:生方 純一
  常 務 理 事:川内  悟
  常 務 理 事:𠮷野  毅
  理   事:山中 宣明
  事 務 局 長:塙  珠世

一般社団法人 二科会写真部
  理事長代行・常任理事:森井 禎紹
  理事長代行・常任理事:蜂須賀秀紀
       事 務 局 長:片岡 順一

 [2015 DESIGN REPORT No.65より]







DSCF5277_w2.jpg第100回記念二科展デザイン部授賞式 ご来賓の皆様
DSCF5299_w.jpg第100回記念二科展デザイン部 賞状授与
DSCF5347_w.jpg第100回記念二科展デザイン部 懇親会風景

二科展デザイン部 2F会場入口風景|
 国立新美術館2階の長いエントランスホールに丁度夕陽が直線上に入る時間帯がある。エントランスホールの床はフローリングで出来ており、その床色と夕陽のオレンジ色とが融合されて黄金に輝いて見える一瞬でもある。(写真参照)
 国立新美術館が誕生してから二科展会場に通い続けている経験から云えるのだが、晴れていれば必ず黄金に輝く床が観られるとは限らない。鮮やかな金色(こんじき)に染まるためには、やはり何らかの気象条件による絡繰りなぞ在りそうだ。

IMG_4349_02_400_235_3.jpg

▲ Page Top

|2017.06.01|▶ 第102回 二科展 巡回展スケジュール

第102回 二科展 巡回展スケジュール


■第102回 二科展 巡回展スケジュール■

|2017.08.14|▶ 第102回 二科展|デザイン部作品展示▷2階 D室|終了

第102回 二科展|デザイン部作品展示▷2階D室|

第102回二科展_デザイン部_140×140.png
第102回 二科展デザイン部作品展示▷2階 D室|終了
……………………………………………………………………………………………………
会 期:2017年9月6日(水)〜9月18日(月)
10:00~18:00(入場は17:30まで) 金曜日は20:00まで(入場は19:30まで)
最終日は14:00終了(入場は13:00まで) 9月12日(火)は休館日
会 場:国立新美術館


 ★ 特別展示企画▶第102回二科展コラボ展示(1階・2階 休憩室)
   4部会員有志によるコラボ展示。今年のテーマは「ネコ・イヌ・花」
   それぞれ4部の会員がイメージしたネコ、イヌ、花たちの大集合!

|2017.05.08|▶ 第102回 二科展デザイン部「作品公募」|終了

第102回 二科展デザイン部「作品公募中」


★作品受付期間=直接搬入は 7月27日(木) / 作品発送は 7月24日(月)まで委託。
★募集要項等、出品書類の直接請求は、一般社団法人二科会デザイン部 本部事務局へ。
★詳細は、当ホームページ及び二科展ドットコム掲載の「募集要項」をご覧下さい。

■二科展ドットコム:募集要項■■当サイト|二科展|募集要項■